スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまりの時



友達が家に遊びに来て、呼んだ本をテーブルの上に放置して帰った。

110704_1455~01

DUELIST JAPANという本。
かつて発行されていたマジックの専門誌。
高校1年生の時、初めて優勝して日本一になった「The Fainals 1999」という大会の特集が組まれている号だった。
懐かしいので、片づける際にパラパラとめくってみる。

110704_1454~01

12年近く前の自分。幼いw
幼いけど可愛くない。試合中の写真だから真顔なのだろうけど。ついでに眉毛も太いw

110704_1459~01

あれから12年か、本当に懐かしい。
現状も親友で、現役の時ライバルだった森勝洋と出会ったのもこの大会だった。
そんな感じで片づけて終了となるはずだったけど、手が止まった。

あの時が大きなストーリーのはじまりだった。
運も良く、優勝できたおかげでマジックにのめり込んで、今がある。
マジックにのめり込んで色んな人と出会い、世界を回ったからこそ今がある。
あの時は、はじまりの時だった。

そして今また、大きなはじまりの時を迎えている気がしている。
時間が出来たし、色々やりたい事もある。
変な名前のブログもつくり、ハッピー道を極めようと進み出した。
今が、人生2度目の大きなはじまりの時。

だからこそ、あの時の自分からヒントを得れるんじゃないかと思って手が止まり、熟読した。
あの時、自分の何が良かったか。
何故、マジック初めてたった1年の16歳の田舎者が優勝できたのか。

【運】
あの時、とにかく運は良かったと思う。

【環境】
親は放任主義で学校以外、全部練習に使えた。地元にライバル&仲間がいてかなり練習できた。地方としてはかなり充実した環境。東京の社会人より時間を使えたってのはあるかも。

【実力】
マジック力自体はゴミだったけど一点投入した。

【作戦】
前日予選から3日間あったので、かなり早い段階から早くて比較的簡単で疲れないデッキを選び、調整した。良かったと思う。また、恥ずかしさより勝利期待値を追って忘れる可能性があるものに指を置きながらプレイしたのが良かった。

【効率】
そこまで効率よくは出来てなかった。時間が沢山使えたからカバーできた。沢山プレイしたし、議論もした。

【情熱】
もの凄く高かった。また、その試合の事だけ考えて情熱のままに行動できた。


12年後の今整理してみたら、この時は意外と勝つべくして勝ってた事が分かった。
誰にも負けないような情熱があり、時間が沢山使えて、未熟な自分に合った作戦を選べてる上で運が凄く良かったわけだから。オールインの強みとでも言うべきか。この試合だけで言えば、プロとして一番結果を出してた頃の自分が同じ試合に出れたとして、この16才の齋藤少年より上位に立てていたかどうか自信が無い。

勿論内容にもよるけど、これから新しい事をやる際、【環境】【実力】【作戦】【効率】はこの時より良い状態で臨めそう。今までプロやお店をやって色々な人と繋がり、沢山の事を知ってきた。
あとは、高い【情熱】を持ってやれる事を見極め、どれだけ【運】要素を減らした形で出来るかだと思う。

よしっ、過去を生かして頑張ろう

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Magic:The Gathering
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます!

はじめまして。
コメントありがとうございます!
このブログがそんなに褒めて頂けるのは意外でしたが、励みになります。
ありがとうございます。
マジック専門店晴れる屋としても個人としても、今後何かを出版する可能性は考えてたりしますが、短期で見たコストパフォーマンス的な都合上、後回しになっている状態です。
(現状としてはマジック同人誌の販売を、店舗、通販でお手伝いさせて頂いてます。)

マジック愛を生かして頑張っていきますので今後とも応援宜しくお願いします♪

齋藤


> 初めまして。斎藤さんのブログは、中身が濃くて、文章も上手で、ついこんなに過去の記事まで読んでしまいました。読んでいてほんとに楽しくて、元気をもらえます。これからも読ませていただきます。
>
> それはそれとして...。
> 「DUELIST JAPAN」!こんな雑誌があったんですね!
>
> 俺は、つい最近マジックはじめた奴です。斎藤さんのご活躍も、マジックを教えてくれた先輩から聞きました。このコメントを読んでいただけるか分からないですけど、斎藤さんみたいな「すごい人」にコメントを残すことができるインターネットに感謝です!晴れる屋のサイトのコラムも、とても面白いです。
>
> でも、俺みたいな初心者は、やっぱり紙媒体の情報に触れたいって思います。この日の記事も、斎藤さんが雑誌という「モノ」に偶然触れて記憶が甦って書かれたと思います。そういう力が、本や雑誌にはあると思います。
>
> でも、いくつか探してみたんですが、マジックの雑誌というのは相当少なくなってしまったみたいです。初心者とベテランの情報の格差を埋めるような「何か」があれば絶対欲しいって思います。
>
> そういうものを創りたいって思いつつ、本作りの勉強しながら、マジックにハマっています!その中で、こんなに読ませる文章がたくさん書かれているこのブログはとても参考になります。これからも、楽しみにして読みたいと思います!
>
> それでは、斎藤さんのますますのご活躍を祈っています!
プロフィール

TomoharuSaito

Author:TomoharuSaito
齋藤友晴183cm73kg、ハッピーの求道者&CARDSHOP晴れる屋経営者。人間の本能は「より大きなハッピーに向かっていく事」だと考えていて、それを軸に真っ直ぐ生きてます!ハッピー考察、ハッピーなもの紹介、日々の事まで色々書いていきます^^

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter@TomoharuSaito

Twitter < > Reload

Link
MTG通販晴れる屋

マジック:ザ・ギャザリングとは?

HAPPYMTG.COM
Link
QRコード
QR
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。